米国不動産で節税!購入物件を最短4年で減価償却

米国と日本の不動産に対する考え方の「差」を活用した所得税節税

 

米国不動産を活用した減価償却スキーム例

tatemono
上記の図をご覧いただいてわかるように建物が土地より評価が高いのです。
国が違えば不動産価値に関する考え方も違うという典型的と言えます。

日本と米国における土地と建物の一般的な価値の比率の違い

usa_japan

日本と米国の不動産価値と全住宅流通(新築着工+中古住宅流通)に占める中古住宅の割合の比較

japan_usa
減価償却は建物部分を最短4年間で全額償却でき、この償却費を毎年の所得税節税に活用できます。
もちろん所得税の繰り延べにも効果を発揮します。
このような利点もあり、日本においても事業参入する不動産会社が増え始めています。
投資家視点でみれば購入不動産からの賃料収入やキャピタルゲインも期待できます。
一挙三得以上の効果を狙える方法と言えます。

bu_support_contact

ページ上部へ戻る