「相続税は倍払う」から「資産を倍残す」へ 富裕層必見のプレミアムファイナンスとは

「資産保全」という考え方

富裕層の歴史がある欧米の国では、相続税に対する考え方が日本とは異なります。
例えば、アメリカやスイスには、そもそも「相続税を節税する」という考え方がありません。
これらの国々で考えられている相続税対策とはどのようなものなのか紹介していきます。

まず、日本では「相続税を節税する」という考え方が一般的ですが、アメリカやスイスなどでは「資産を守る」ことに重きを置いています。
どれだけ節税したとしても、資産が減ってしまっては何の意味もないという考えです。
これが「資産保全」です。

そのキーワードが「プレミアムファイナンス」になります。
これは海外生命保険を使った仕組みで、相続税対策として非常に有効な手法の一つです。
海外生命保険の場合、保険契約に必要な払込保険料全額を、指定銀行が当該保険会社に送金することで契約が締結されます。
契約者(被保険者)はもちろん担保は必要ですが、指定銀行から払込保険料全額融資を受けることができます。
もし被保険者が死亡した場合でも、実質受取死亡保障金額は、死亡保障金額から融資残高と未払金利を差し引いた金額を得られます。

 

プレミアムファイナンスのメリット

1. 銀行からプレミアムファイナンスを受け取るため、顧客は担保を拠出
2. 審査後、銀行が保険会社に払込み
3. 顧客と保険会社の間で、死亡保障保険が成立

「資産を守る」という考え方に基づいた相続税対策を行うと、遺産相続があることでむしろ資産が増えることもあります。
たとえば5億円が倍の10億円になることも。
富裕層対応に歴史がある国では、「いかに資産を維持し守るか」というノウハウが蓄積されています。
残念なことにこういったことに日の浅い日本の常識に基づいた相続税対策では、資産を維持し守るということが難しい現実もあります。

上図は、顧客、銀行、保険会社の関係を示した簡単な関係図です。
プレミアムファイナンスのメリットのひとつは担保提供による保険契約ということです。
国内の生命保険は契約者の可処分所得からの現金払込みとなりますが、海外生命保険の場合あくまでも必要担保提供による保険契約になります。

もうひとつの利点としては、必要担保拘束期間が挙げられます。
解約返戻金の逓増(保険証書担保価値の増加)により必要担保が不要になるのです。
ただし、必要担保を返還された場合は支払金利が期日毎に発生するので注意が必要です。

日本ではまだまだ馴染みの薄い手法ですが、相続税対策としては非常に有効かつ画期的な手法のひとつといえるでしょう。

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る