複利で年利7%なら10年で2倍。100年で1000倍以上! 奇跡をもたらす複利の話とは

24ドルを年利7%の複利で運用したら

1626年に現在のマンハッタン島を当時の入植者であったオランダ人がたったの24ドル(相当の物品)でインディアンから譲り受けたという逸話があるが、では24ドルを約400年、年利7%で運用すると、一体いくらになるかわかるだろうか。この答えが直観的にわかる人は、富裕層と同じ思考パターンをもっているといえる。

ポイントは「複利の奇跡」で、答えはなんと3京億ドル近くになる。日本円に換算すれば300京円、つまり1億円の300億万倍、計算すれば日本人一人ひとりに300億円弱配分できる計算になる。もちろんこれは空論の域を出ないが、日本にはかつて年利7%の金融商品「郵便貯金」があったことを知っていれば、全くの空論ではないこともご理解いただけるだろう。しかも、これはたった40年ほど前の話なのだ。

一方で一休さんの有名な話がある。仕事の褒美に何が欲しいかと聞かれた一休さんが、このように答えたという話だ。
「この六畳一間の畳のスミに、今日は1粒の米を、明日はその倍、明後日はその倍、全部で24日(畳六枚でスミが24カ所ある)働くので一日ずつ倍にしていってください」。
一休さんが24日後にもらった米粒の総数はどのくらいになったのか。結果は、最後の24日目だけでも約840万粒(約180kg)で、24日間の合計は500㎏にもなる。

 

複利の奇跡の話に富裕層は敏感に反応

上記の計算には多少の誤差があるかもしれないが、要するに「複利は奇跡を生む」ということを言いたいのである。もちろん、大前提として「そのままにしておく」ことが必要ではあるが。この「そのままにしておく」というのは、簡単なようでなかなかできることではない。しかしながら、それが「絶対に負けない」大前提であるからこそ、このような複利の奇跡の話に富裕層は敏感に反応するのだ。

言い換えれば、「ここにこうすれば必ず増える、少なくとも減ることがない」という商品性を富裕層は見逃さない、というわけだ。それこそ都市伝説のような話として、富裕層はケチだ、というものがあるが、これは間違っている。商品やサービスのサプライヤーが、「必ず勝てると思われる」ように商品設計していないことに起因するのだ。無論お金が増えるような類の話のみならず、精神的満足度が期待感以上になる、という商品やサービスも含めて、だ。

 

安定志向の強い個人投資家にオススメの投資先

では、「ここにこうすれば必ず増える、少なくとも減ることがない」という商品やサービスはあるのか。実は、とても近いサービスを提供している企業がオーストラリアにある。銀行が対応しにくいオーストラリア不動産開発のハンズオン融資で急成長しているバナーアセットマネジメントだ。

バナーアセットマネジメントは入念なデューディリジェンスを経たものにしか融資をしない。また、もちろん不動産開発に潜むリスクを熟知しているから、全ての案件に融資するわけではない。彼らが取れるリスクの範囲内で完全に事業が理解できる案件にのみ融資しているのだ。

実際にトラックレコードを見れば、彼らが安定的なリターンを出していることがよりおわかりいただけると思うが、2010年7月から7年間ひと月たりともマイナスになっておらず、7年間の平均リターンが13.86%という実績だけ見ても、安定志向の強い個人投資家にとって大いに魅力的に映るだろう。

詳細を知りたい方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせいただきたい。

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る