リーマンショック時でも安定的なリターンを記録した 生命保険の解約返戻金運用を考える

「保険」という商品を徹底的に考えてみよう

「保険」というと、脳裏に浮かぶのがいわゆる死亡保障保険だ。
自分が亡くなった際に相続人にどのくらいの資産が残されるか、江戸っ子気質で気にするなという時代でもないだろう。

「保険」は「保険」が担保されている以上、運用商品とはなかなか考えられずにいたが、最近海外ではリーマンショック時にも平均的なリターンをたたき出した「解約返戻金運用」が流行中だ。

この商品の素晴らしさは、「保険を担保しながら、確実な運用益をともなって運用できる」点だ。
しかも驚くことに現時点では、ある一定年数以上解約しないことを条件に、最低運用保証利率も担保される。

万が一の際の保険金は少なくなるものの、生命保険で運用するスタイルを選択肢として持つことは不便な話でもなんでもなく、かなり割のいい選択肢になるはずだ。

詳しくは下の図を参照いただきたい。

ページ上部へ戻る