「解約返戻金!」でザ・安定運用 海外生命保険の新たな活用法で賢く増やす

特に世界的な変化が激しいときに望ましい資産運用法のひとつが、海外生命保険を活用し解約返戻金で運用する方法だと言われます。

安定的な運用に重点を置いているため、死亡保障金は常時アカウントバリューの101%程度と決して高額ではありませんが、保有期間が30年を超えると死亡保障に重点を置いた生命保険とさほど変わりません。
また、アカウントバリューの含み益は常時引き出しが可能なので、子供の学資資金や年金などに活用することが可能です。

投資金額は100万USドル以上から。
なお、10年以上保有することを条件に最低保証利率が設定されているため、10年以内に解約をするとペナルティが発生するので注意が必要です。

●想定運用例(想定顧客プロファイル)
契約者:父親(50歳・男性)
被保険者:本人(50歳・男性・禁煙)
受益者:配偶者もしくは子供
投資金額:100万USドル以上(担保として拠出)

ページ上部へ戻る